人間が吸収できる知識量の限界
◆頭のよくなる方法


人間が吸収できる知識量の限界


例えば2009年、生まれる新しい情報量は過去5000年間に人類が生み出した全ての情報量よりも多いといわれます。つまり知識の量がいくら多くても所詮人間が吸収できる量は限界があります。

今はインターネットという皆で共有できる“別脳”に情報がいくらでも蓄積されてるので、必要なときに必要な知識だけ引き出すように機械に任せるのが賢いです。人間は人間の脳にしかできないことをやりましょう。では資格試験においては?



戻る


お問合せ


Copyright(C)2009
頭のよくなる方法
All Rights Reserved.