未知の問題を解決する能力
◆頭のよくなる方法


知識をつけるということ


前章で頭がいいというのは、新たな発想で対処策を見出す能力、未知の問題を解決する能力と定義しました。
とはいえ知識量、頭の回転が速いことを軽視してるのではなく、やはり下地には必要で勉強を怠ってはいけません。大事なのは勉強する目的が知識を増やすこと、頭の回転を速くすることがゴールではなくてその先にあるということを忘れてはいけません。

燃え尽き症候群

知識をつけるとは、知識が脳に定着すること

正しい知識のつけ方



TOP


お問合せ


Copyright(C)2009
頭のよくなる方法
All Rights Reserved.