知識をつけるとは、知識が脳に定着すること
◆頭のよくなる方法


知識をつけるとは、知識が脳に定着すること


まずセンセーショナルなこととして、知識はつけると、同時に別の知識習得の妨げになっている矛盾が常に生じているのです。どういうことかというと、まず知識をつけるということは知識が脳に定着することです。そしてなぜ定着するのかは、自分でその知識が重要であると認識したからです。実体験を伴ってる場合は強固に定着しています。

ですから正しいと思い込んでる知識はそう簡単には、疑って見れなくなってしまい、ましてやもっと優れた方法や他の知識の吸収を妨げる弊害を起こしてるのです。この弊害は盲点であり、盲点であるがゆえにいつまでたっても見えないままなのです。



戻る


お問合せ


Copyright(C)2009
頭のよくなる方法
All Rights Reserved.