一度すべて間違いであると疑ってみる
◆頭のよくなる方法


正しい知識のつけ方


では正しい知識のつけ方は?一度すべて間違いであると疑ってみることです。実は正しい知識があるわけではなく、疑ってみる視点が大事ということです。固定観念があると色んな知識を比べて評価することができず、もしかしたら他の知識の存在すら認識できないことになってるかもしれません。気付かないことほど恐ろしいことはありません。つまり固定観念を取り除くために一度すべての知識を疑ってみるのです。そしてこうしてみることで、より広い中から本当に重要なものは何かを選択できます。本当に重要なものは何かを見通す能力はあらゆる組織のリーダーにも求められる能力です。日本のリーダーにも当てはまります。もしあなたがリーダーを望んでなくてもそういう能力があれば、リーダーに選ばれても当然です。
固定観念をはずすために知識は増やすものなのです。



戻る


お問合せ


Copyright(C)2009
頭のよくなる方法
All Rights Reserved.