多読のすすめリザベーションとクオリファイア
◆頭のよくなる方法


多読のすすめ


読書の目的について。苫米地先生は、スコトーマ(盲点)に隠れて「見えない領域」を見えるようにするために多読する事を薦めています。これは第一段階としてます知識不足、知識がまだない見えない部分に関して、その知識を取り込むためです。

また読むときに内容に反論を考えながら読むと論理脳を鍛えることになります。漠然と読み進めるのではなく、主張に反論を考えながら読みます。その基本的なプリンシプルはリザベーションとクオリファイアです。

●リザベーション:例外思考
例えば、悪い(と思われている)生物を殺してしまうような正義の味方は本当に「正義」か?という問題定義。

●クオリファイア:定量化
例えば「容易になります!」→「どのくらい?」という思考の仕方。



戻る


お問合せ


Copyright(C)2009
頭のよくなる方法
All Rights Reserved.