脳の使い方★認識力
◆頭のよくなる方法



脳の使い方★認識力


頭がいい前提として問題解決能力が発揮されますが、その力を発揮するためには目の前にある問題を認識できなければなりません。どこが問題が見抜く力、視点が低いと見えてない問題を見通す力です。その問題を認識できてはじめて真の解決に向えるわけです。

そして認識とは五感の情報が脳に伝わるだけではなく、積極的に意識することです。「そこにあるものがあるとわかること」です。そこにバナナがあったとして、ある人がバナナを見つけたら、それはバナナを認識したことになります。バナナを始めて見る人がいたとしても、何か黄色い細長いものがあると物珍しく見たり、触ったりしても“認識”したことになります。逆に目の前にあるのに見えない場合、周りの人が皆認識していても、その人だけは認識してないことになります。このように認識とはあるものが“わかる”ことです。

脳の使い方〜理解力
脳の使い方〜応用力
脳の使い方〜記憶力



戻る


お問合せ


Copyright(C)2009
頭のよくなる方法
All Rights Reserved.