脳の使い方★応用力
◆頭のよくなる方法



脳の使い方★応用力


応用力には2つあり「最適化能力」と「ひらめき能力」です。

資格勉強においては理解力のところで修得した知識や技術を状況に合わせて駆使してゆく能力が「最適化能力」です。学校のテストでいえば応用問題です。

そして「ひらめき能力」は応用力として最も重要です。カーネギーメロン大学博士の苫米地先生は「今まで誰も発見したことのないものを見つけたり、生み出したりする能力」と定義してます。この能力は受験勉強の成績がいくらよくても関係ないのです。

世の中には答えのある問題に悩むことはまれで、未知の問題に悩まされてます。その問題を解決するには未知の領域に手を伸ばす「ひらめき能力」が必要です。資格勉強に関係あるのか?この能力が重要であると認識しておくことは、人生の上にある資格ひとつにとっても十分関係あると思います。そしてこのひらめき能力を開発する驚くべき方法は脳機能科学者でもある苫米地先生の著書「脳にいい勉強法」に譲ります。

脳の使い方〜認識力
脳の使い方〜理解力
脳の使い方〜記憶力



戻る


お問合せ


Copyright(C)2009
頭のよくなる方法
All Rights Reserved.